災害時の心得

 

地震の心得10カ条
①自分自身の身を守る
まずは我が身が大切です。テーブルなどの下に隠れ安全を確保しましょう。
②素早く火の始末
落着いて火を消して二次災害を防止します。
③脱出口の確保
建物が歪み、ドアや窓が開かなくなる恐れがあります。脱出口を確保しましょう。
④火が出た場合には消化
火災の拡大や延焼を防止する為、近隣の人達と協力し消火活動を行いましょう。
⑤外に逃げるときは慌てずに
看板やガラスが落下してくる恐れがあります。落着いて行動してください。
⑥狭い路地、塀際、崖や川べりに近づかない。
ブロック塀や自動販売機、その他倒れてきそうなものの近くには注意が必要です。
⑦山崩れ、崖崩れ、津波に注意
とにかく避難行動を。安全な場所へ移動して下さい。
⑧避難は徒歩で。持ち物は最小限にする。
指定された避難場所に徒歩で避難しましょう。
⑨互いに協力しながら応急救護
お年寄りや体の不自由な方などを皆で協力し合いながら速やかに救護活動を行います。
⑩正しい情報を入手
デマや噂に流されず、携帯ラジオなどで正しい情報を入手し冷静な行動をしましょう。

 
持ち出し品の準備
①災害時に最低限揃えたいもの
・非常食(カロリー源、満腹感のあるもの)・携帯ラジオ・懐中電灯・マッチ、ライター・小銭(特に10円玉)・救急用品・貴重品・飲用水・雨具・タオル・ヘルメット、防災頭巾
②災害復旧までの数日間、生活を支えるもの
・非常食(簡単な調理で食べられるものを最低3日分)・飲用水(1人1日3リットルを目安に)・燃料(簡易ガスコンロや固形燃料など)・ロウソク・使い捨てカイロ・薬  等
③その他備えてあれば便利なもの
・毛布・寝袋・洗面用具・トイレットペーパー・筆記用具・方位磁石・新聞紙・ビニール袋・ガムテープ・消火器・ロープ・スコップ・ジャッキ・ノコギリ・アウトドアグッズ  等

 
災害専用ダイヤル

 

① ⑦ ①


【伝言の録音方法】 ①⑦①にダイヤル⇒を押す。
【伝言の再生方法】 ①⑦①にダイヤル⇒
を押す。

被災地内の方も被災地以外の方も被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。


 
応急手当の心得
○出血
①傷口を清潔なガーゼやハンカチで強く押さえて止血する。
②出血が止まらないときは傷口よりも心臓に近い位置の動脈を強く圧迫する。
③それでも止まらないときは、止血点の動脈を圧迫しながら傷口を心臓よりも高くして急いで病院へ。

○やけど
①流水(できれば氷水)で30~40分、徹底して冷やす。
②水道の水などで冷やすときは、傷に直接強い水圧を当てないようにする。
③衣服が皮膚に付着している時は、無理に剥がさずそのまま冷やす。
④冷やした後は清潔なガーゼか救急絆創膏で被っておく(薬は禁物)。やけどが深かったり範囲が広い場合は急いで病院へ

○三角巾
三角巾は傷の大きさや場所によって広げたまま用いたり、必要な幅に折りたたんで使用することもできるため、全身全てに活用することができる便利な包帯です。用意をしておきましょう。